挨拶

 「第11回(2019年度)日本工業大学 3D-CAD プロダクトデザインコンテスト」を開催致します。本コンテストは高校生なら誰もが参加でき、”ものづくり”の最先端技術を活用して実物を手にする歓びを体験することができます。

  あなたの斬新で独創的なアイディアをコンピューターでスケッチしてください。提出していただいた作品の中から優秀な作品を最新の加工法(積層造形法)を使って、3次元形状のオブジェ(樹脂造形品)として作成してお返しします。

※Solid Worksのインストール方法に関するお知らせ

インストールに関する内容はこちらをご覧下さい。

テーマ部門

(提出形態A:提案書、組立図)
身につける機械
身につけて楽しい、気持ちいい、
便利な機械を提案してください。
使い方や機構等もできる限り表現して下さい。

自由部門

(提出形態A:提案書、組立図)
あなたがデザインした面白いアイテムを提案してください。
独創的で楽しい提案を歓迎します。

SolidWorks部門

※従来のテーマ部門

(提出形態B:SolidWorksデータ) 動きのある”おもちゃ”
これまでにない動きのある”おもちゃ”を提案して下さい。
動く機構を必ず表現してください(歯車などの機械要素部品の提出を計画しています)。
※3次元CAD(SolidWorks)貸し出しを希望される方は、エントリーフォーマットの備考欄にて申し出てください。

 審査委員

■審査委員長:細田 彰一(日本工業大学機械工学科教授)

細田 彰一

株式会社INAXにおいて、住宅設備の製品デザインや、ユニバーサルデザインの営業企画にかかわる。

2010年度より本学機械工学科の人間中心設計研究室を主宰。






■特別審査員:未定

></a>
                                </div>
                                
                                <!-- PDコンテスト写真集はこちら -->
				<div style=