挨拶

 「第10回(2018年度)日本工業大学 3D-CAD プロダクトデザインコンテスト」を開催致します。本コンテストは高校生なら誰もが参加でき、”ものづくり”の最先端技術を活用して実物を手にする歓びを体験することができます。

  あなたの斬新で独創的なアイディアをコンピューターでスケッチしてください。提出していただいた作品の中から優秀な作品を最新の加工法(積層造形法)を使って、3次元形状のオブジェ(樹脂造形品)として作成してお返しします。

※Solid Worksのインストールエラーに関するお知らせ

インストールエラーが発生した場合まずこちらをご覧下さい。

テーマ部門

動きのある"おもちゃ"
これまでにない、動きのある"おもちゃ"を提案してください。
独創的で楽しい提案を歓迎します。
遊び方や機構等もできる限り表現して下さい。
作品の大きさは3m(縦)×3m(横)×3m(高さ)
以内としてください。(SolidWorksデータ提出)

自由デザイン部門

あなたがデザインした面白いアイテムを提案してください。
独創的で楽しい提案を歓迎します。
(SolidWorks データ提出) 

CGアイディア部門

日常を彩る素敵なアイテム。
素敵なアイテムを発想・デザインし、CG(コンピューターグラフィックス)で魅力的なシーンを提案して下さい。
独創的で楽しい提案を歓迎します。
(JPEG データ2カット/ 横1920× 縦1080 ピクセル)3D-CAD ソフトの種類は問いません。仕上げに他のグラフィックソフトを使用しても構いません。

 審査委員

■審査委員長:細田 彰一(日本工業大学機械工学科教授)

細田 彰一

株式会社INAXにおいて、住宅設備の製品デザインや、ユニバーサルデザインの営業企画にかかわる。

2010年度より本学機械工学科の人間中心設計研究室を主宰。






■特別審査員:大島 康彰 (株式会社 ランダム 代表取締役)

大島康彰

本田技術研究所にてオートバイと自動車のデザイン開発を担当ののち、(株)ミドリにて文房具等の商品企画に携わる。2017年度まで本学教授。



></a>
                                </div>
                                
                                <!-- PDコンテスト写真集はこちら -->
				<div style=